不妊検査・治療

不妊の原因について

不妊の原因について

妊娠というと女性のイメージが強く、従来は女性の問題であると捉えられがちですが女性、男性それぞれの検査と、2人で行う検査もあり不妊治療はどちらかだけが受ければいいものではなく、2人の協力が不可欠です。

妊娠が成立するための条件として大切なのは正常な生理周期、子宮環境、卵子・精子の製造環境をはじめ、正常な勃起射精能力や排卵能力であるかという検査と適切な治療が挙げられます。


検査内容

女性検査項目 男性検査項目

尚、当院では卵管通気検査・造影検査、腹腔鏡検査(ラパロ)、子宮鏡検査、精巣検査は行っておりません。


タイミング治療

タイミング療法とは、排卵周期を基礎体温表で測りながら排卵の時期を予測して行い、性交をもつに効果的な日を特定する治療法です。
排卵日は、一般的に次の生理が始まる2週間前とされていますが、卵巣の状態や卵胞の育成環境によって、卵子が成熟するまでに数日の誤差が出る事もあります。
タイミング療法は予想される排卵日の前後3日間に性交をもつのが効果的とされているので、基礎体温を長期間つけて、超音波検査や血液検査を受けるとかなり精度の高い排卵日を特定できます。

排卵の直前が最も妊娠しやすい時期なので、夫婦生活のタイミングを排卵日にあわせて、自然妊娠の受精、着床の確立を高める不妊治療の最初に行う治療で他の治療法に比べ最も妊娠に至る確率が高い治療法です。